お尻

手術をして快適な生活

小陰唇縮小は小陰唇肥大による日常生活のトラブルや不快感を解消できる、唯一の外科手術です。手術自体はとても単純で簡単です。しかし、これから小陰唇縮小をするなら、手術後のトラブル事例を確認しておくことが大切です。

困る女性

手術の基礎知識

デリケートエリアの手術に小陰唇縮小手術があります。肥大や色素沈着した小陰唇を切除する手術で、女性器の美容整形をしている医療機関で受けられます。一番すれば元に戻せないので、基本的な知識をしっかり身につけておくことが大切です。

下半身

下半身の悩みを解消

小陰唇が大きい、左右差があるなどで悩む女性は多いですが、こうした悩みも縮小手術で解消することができます。見た目のコンプレックスから解消されることはもちろん、痛みがなくなる、清潔を保ちやすくなるなど様々なメリットがあります。

デリケートな部分の悩み

女の人

女性器にコンプレックス

女性にとってはデリケートな部分なので、同性同士で見せ合った時に自分の小陰唇が大きいということがわかり、縮小の手術を受けられる方も多くいらっしゃいます。小陰唇が肥大していると、外観的に違和感を感じることがありますが、肥大の度合いによっては炎症を起こしやすい状態になることもあります。陰部が肥大している所を手術する時には、余分な所を切除して大きさと形を美しく整えて縫い合わせます。手術は30分程で終了することが出来る比較的簡単な手術となります。また、小陰唇の縮小の手術を行った後、膣に悪い影響が出ることはないです。小陰唇の形や大きさが人と違うことで悩んでいる方や、左右不揃いということが気になっている方は、縮小の手術をするとよいでしょう。

手術をして良かった

多くの女性が気になっている女性器の小陰唇を縮小する手術に人気がある理由は、黒ずみが解消されることと痛みや臭いが改善されることです。女性器の形や色には個人差がありますが、普段見せる場所ではないことから、他人と比較しにくいために正常かどうかの判断が難しい部位となっています。恥ずかしくて親や友人にも相談出来なく一人で悩みがちになるので、カウンセリングを受けられるだけでも医師に悩みを打ち明けることが出来るので気持ち的にも軽くなります。鏡の前に立った時、大陰唇から小陰唇が露出していれば正常の大きさと判断出来ます。下着にこすれて痛く感じられている時には小陰唇が正常な方と比べて大き過ぎます。小陰唇の肥大が起きると大陰唇と小陰唇の間に恥垢という分泌物が腐敗しアカがたまって、悪臭の原因になったりするので早めに縮小の手術を行うことをお勧めします。